白花姫牡丹(実生)

Category : CACTUS/サボテン , 牡丹類


アリオカルプス 白花姫牡丹(実生)
Ariocarpus kotschoubeyanus var. albiflorus
メキシコ・コアウィラ州

流通量が少なく一般的には珍しい小型種です。
現地では地面にへばりつくように生えています。
乾季に開花し、雨季には一時的に水底に没することもありますが、その際種子が流され元株と離れた場所で芽ぶきます。
砂漠気候の植物なので、成長は寒暖の差がある時期が良く、日本では秋と春に(日中一定気温が上がる環境なら冬も)良く成長します。この間は土が乾いたらたっぷりと水をあげると良いでしょう。また、梅雨時期や夏場は水やりを減らし涼しく過ごさせます。
花はややピンクがかった白花で、通常秋に咲きます。


実生(みしょう)サボテンにつきまして/
販売名の後に(実生)となっているサボテンは、2号ポットのもので種子から3〜5年程度かけてじっくりと育てられています。接木をしていないのでバイラス病に侵されにくく、また、根が非常にしっかりとした丈夫な苗となっております。

2号(間口約6cm)ビニールポット植えでの発送となります。

※画像はイメージです。植物の為、入荷状況などにより状態が異なる場合がございます。また花芽の有無等ご指定いただけません。予めご了承ください。

販売価格

2,480円(内税)

在庫数 欠品中です

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

この商品を購入した方はこんな商品も買っています